Intro Price! Get Pixwell WordPress Magazine Theme with ONLY $59

糖尿病の口渇を取り除くにはどうすればよいですか?

1型であろうと2型であろうと、糖尿病の人々はしばしば口内乾燥症としても知られる口渇に苦しんでいます。 問題は、それは単なる感情ではないということです。それは口頭レベルで深刻な結果をもたらす可能性があります。

口内乾燥症は、虫歯、感染症、歯周病のリスクの増加に関連しています。いくつかの研究は、糖尿病患者の70%以上が口渇に苦しんでいることを確認しています。この記事では、この問題が発生する理由とその解決方法について説明します。

糖尿病の症状は何ですか?

男は指を刺す

糖尿病は、糖代謝に影響を与える病気です。 1型と2型の2つの主要な形態があります。1型糖尿病の場合、膵臓はもはやインスリンを分泌しません。

一方、2型では、通常、体のさまざまな組織でインスリン抵抗性があります。ただし、分泌が減少することもあります。これは、残念ながら、ますます一般的になっている病状です。

口内乾燥症は、糖尿病の主な症状の1つです。 に公開されたレビューによると、それはあまりにも多く Journal of Endocrinology and Nutrition (スペイン語のリンク)は、糖尿病患者に最もよく見られる口腔症状の1つです。発生する可能性のあるその他の口腔症状は次のとおりです。

  • 誓う
  • 咽頭カンジダ症
  • 灼熱感

ただし、この状態の症状はこれらだけではありません。多尿症(頻尿)、多飲症(喉の渇きの増加)、体重の変化などの問題もあるかもしれません。

なぜ糖尿病の人は口渇に苦しんでいますか?

私たちが言ったように、口内乾燥症は口渇を指す用語です。 糖尿病の人では、その外観はさまざまな要因によるものであり、そのほとんどすべてが低血糖に関連しています。

まず第一に、頻尿は口内乾燥症の原因の1つです。より多くの排尿は脱水症につながります。唾液は主に水で構成されているため、体液の組成が不均衡になると唾液の産生が変化します。

糖尿病の口渇を決定する別の同様の要因は、唾液の組成の変化です。 唾液には、水に加えてブドウ糖とタンパク質が含まれています。

に発表された研究 Journal of Oral Medicine and Pathology (スペイン語のリンク)糖尿病は唾液腺の形態に影響を与えると説明しています。それは、サイズが大きくなる唾液腺からなる、いわゆる糖尿病性シアローシスを引き起こします。これは機能に影響します。

あなたも読みたいかもしれません:
糖尿病はメンタルヘルスにどのように影響しますか?

口内乾燥症の他の原因

糖尿病患者の大部分は口渇に苦しんでいますが、この病気だけが原因ではありません。 多くの要因が唾液の産生に影響を及ぼし、多くの状況が口内乾燥症を引き起こす可能性があることに注意することが重要です。

糖尿病に関連しない脱水症はその一例です。同様に、薬物療法はこの症状を引き起こす可能性があり、特に化学療法治療で使用されるタイプ(スペイン語のリンク).

肝硬変、HIV、結核などの他の慢性疾患と同様に、年齢もしばしば役割を果たす。 シェーグレン症候群 (スペイン語のリンク)は、口内乾燥症の最も関連性のある原因の1つです。

あなたも読みたいかもしれません:
脱水症状が体に及ぼす悪影響

糖尿病患者の口渇に対する解決策

歯ブラシを持つ女性

糖尿病における口渇の重要性は、それが引き起こす不快感だけでなく、それが引き起こす可能性のある口腔の問題の範囲にもあります。たとえば、虫歯や感染症、歯周病のリスクが高まります。

したがって、この種の病状を回避および予防するための予防措置を講じることが不可欠です。 まず第一に、糖尿病の人は、うがい薬やデンタルフロスも一緒にブラッシングして口腔衛生を改善する必要があります。

さらに、糖分や酸性の液体は避けるのが最善です。もちろん、水分補給は不可欠ですが、これを行う最良の方法は水を飲むことです。 彼女はできるだけ早く変更をチェックして修正する必要があるため、歯科医への定期的な訪問も必要です。

多くの場合、医師は唾液分泌を刺激する薬を処方します(スペイン語のリンク)。患者は必要に応じて人工唾液を使用することもできます。もちろん、これらの措置は、一般的な措置では苦情を是正できない状況のために予約されています。

覚えておく

糖尿病の人は口渇を起こしやすいです。これは、この病気が唾液の組成と唾液腺の形態の両方を変化させるためです。

これを防ぐために、 血糖値を適切に管理する必要があります。 正しい水分補給と口腔衛生による特別なケアも、合併症を減らすために不可欠な要件です。

ja日本語